目疲れ社会、日本

ドライアイタイプ

ドライアイとはその名の通り、目が乾燥することを言います。その原因はパソコンやスマホにある方が多いです。
本来、目のうるおいは瞬きすることによって涙が全体に広がり、保たれているものです。しかしながらパソコンやスマホが長時間液晶画面に目を集中させてしまうために、瞬きの回数が少なくなってしまい、結果として目のうるおいが失われてしまうのです。今こうしてこのサイトを見ているあなたも、通常より瞬きをしていないかもしれません。
インターネットを扱うことが必須となっている現代社会においては、ドライアイの人はかなり多いようで、それと関係しているのか、厚生労働省の調査でも多くの人が部屋の中の乾燥を訴えていることが分かっています。
またよくコンタクトをするとドライアイになるという話を聞きますが、それはコンタクトが涙を吸っているからです。

眼精疲労タイプ

眼精疲労は筋肉疲労と考えてもいいでしょう。
私たちが何かものを見るとき、必ず焦点を合わせないとはっきりと対象物を見ることはできません。眼精疲労はその焦点をあわせるための筋肉が疲労して起きるものなんですね。
症状としては、視力が低下してしまったり、目が霞んでしまったり、周りがまぶしく見えてしまったり、あるいは瞼が重く感じたり、最悪の場合では吐き気がしたりと体のすべてに影響を及ぼすこともあります。
眼精疲労の原因には、老化による筋力の低下など、いろいろあるのですが、一番多いのはパソコンやスマホによる筋肉の酷使でしょう。
長時間の画面の凝視は筋肉を凝り固まらせてしまいます。暗い環境ですと、ピントを張り続けなければなりませんので余計に筋肉を酷使します。


この記事をシェアする