疲れる前に!予防法

ドライアイの予防法

ドライアイは、目が乾燥することが原因であるのでなるべく瞬きを忘れないここと、涙がしっかりと分泌されていることが大切です。
実はストレスが溜まっていたり、緊張しているとき、涙は分泌されにくく、それ故に目も乾きやすくなります。
ですので、ストレスを軽減できるように十分な睡眠を取ったり、イクラ・エビなどに含まれるアスタキサンチンや、ホウレン草などに含まれるルテインなどには強い抗酸化作用があるので、それらを摂取することで体内の活性酸素を取り除き、体を疲れにくいようにしたりすることがドライアイの予防につながります。
また単純に部屋の湿度を保つことも大切でしょう。大体50%から60%くらいの湿度が一番ドライアイになりにくい湿度だと考えられています。

眼精疲労の予防法

眼精疲労の予防に大切なことは、血流をよくすることと筋肉を緩めてあげることです。
血流はまず温めてあげることが大切です。先ほど記述はしていなかったのですが、冷えも筋肉を疲労させる原因となるのでしっかりと蒸したタオルなどで温めてあげていることが大切です。加えて目を温めた後に冷やしてあげると血液循環がより活発になるのでよりよいでしょう。
筋肉を緩めるには、睡眠が一番です。やはり目は開けているときよりも閉じているときのほうが、筋肉がリラックスしているようで、光が全く入ってこないという状況も目にとっては非常にリラックスできている状態であるようです。また、近くのものを見ているとき、目の筋肉は収縮している状態であるので、一時間に一回程度、遠くの景色をみて筋肉を伸ばしてあげるのも効果的なようです。


この記事をシェアする