疲れてしまった…解消法

目薬を差す、温める、体操をする

まず皆さんが疲れ目になったとき試してみるのは目薬でしょう。この時にやっていただきたいのは目薬を差すと同時に5分間目をつぶるということです。こうすることによって光が遮断され目がかなりリラックスされることになります。
目を温める行為は予防法でも紹介しましたが、解消法としても有効です。目を温めることで筋肉を緩め、目をリラックスさせるわけですね。
目の体操は簡単なものであるし、結構有効です。やり方を説明します。
まず両目を見開きます。次に上下左右に大きく回します。右回りと左回りを数回やったら最後に軽く目をつぶって終了です。たったこれだけでもやるだけで全然違います。現に今それを行った筆者の視界は先ほどよりはっきりとしています。

ツボを押す、マッサージをする

上記の方法でダメであるか、上記の方法を行うほどの時間がない場合、今度はツボ押しとマッサージを行ってみましょう。
目のマッサージを軽く説明していきます。
まず、眉毛の下にあるくぼみを、親指で外側に10回押します。次に、鼻の付け根を親指と人差し指でつまむように上へ4回ほど押します。そして、こめかみを人差し指で10回ほど押し回したら、最後に下まぶたから指一本分下の箇所を10回ほど押し回します。目のマッサージは強くやりすぎないようにしましょう。眼球をつぶすようには間違ってもやらないでください。
最後はツボの紹介です。
ツボを紹介していくときりがないのですが今回は二つだけ。
一つ目は太陽。こめかみの下にある少しくぼんだ所のことです。
二つ目は風池。首の後ろの髪の生え際で耳と首の骨の中間にある少しへこんだところになります。
どちらも静かに押すようにしてみましょう。


この記事をシェアする